小さな巨人の迷走日記

小さいながらもオシャレを目指し必死に迷走する日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜のお供に…(秘)

みなさまこんばんわ

さて今日は、洋服のネタからちょっと外れまして、久しぶりにインテリア小物ネタを…

題目を見ただけで下ネタかい!?って思われたみなさま、良い予感してます
って僕もそれを予感させるような書き方をしたんですがね…

それは僕の部屋でここ何年も あんなことやこんなこと まですべて見られているこちらの品

GEDY
               GEDYのティッシュケース
              (只今、使用中なのですいません…

GEDY2
                  裏側のロゴマーク

                 楽天でポチってみる

御覧のとおり『GEDYのティッシュケース』です~

GEDYの補足説明をしときますと…
gedy / ゲディ
ゲディとは、創業1953年のイタリアにあるバス・トイレ用品の老舗メーカーです。それまでデザイン性を求められなかった”バス・トイレ用品”に「マキオ・ハスイケ、オラフ・フォン・ボア」といったデザイナーを起用し、デザイン性と機能性に富んだ作品を発表しました。ちなみに、gedyのトイレブラシはMoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネントコレクションに選ばれております。
(説明文はどこかの記事をパクました

いちおうイタリア~ンなメーカーなんですが、パッと見では非常にシンプルですし、色も真っ白な汚れ無きビアンコカラーなんでどこに置いてもとてもマッチします

これは、2~3年ぐらい前に僕の部屋の模様替えをしていたときに、何かシンプルで白っぽいティッシュケースがないかなぁ~?って探していたときに、たまたま行った雑貨屋さんで見つけて即買いでした

僕は前にも記事にしましたが、ロッソカラーが結構好きで、それに合うほかのカラーってなるとやはりビアンコ(白)が思いつきます…。
ですので、僕の部屋は白×赤を基調にした物などが多いんですよね…

ですが意外とティッシュケースってなかなかいい物が無くて、カバータイプの物はよく見かけるんですが、ハードケースタイプはほとんど見たことないんですよね

ですが、正直なところ交換するのがめんどくさいです…
しかもスリムケース対応なので、ちょっと分厚めの物はキチンと収まらないんです

ですが今までの経験上、女子ウケは結構良かったですよ~
この真っ白さが清潔感があるらしく、下手に枕元に置いておいても怪しまれません


これに、ローショ○ティッシュなら最強のコラボになるのではないかと…(自爆

アルと思います…


ですが、意外とテッシュケースまで気になさらない方も多いと聞きますので、ここらへんでちょっとコダワリあるところがあってもいいのではないかと思います

今日は珍しく変な方向の感じの内容になってしまいましたが、たまにはこんな感じも良いかな?と思いまして突っ走ってみました

いかがだったでしょうか…

ではでは…。

にほんブログ村 ファッションブログへ
ブログランキング参加中!ポチっとお願いします!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ティシュ。
ティッシュ。

僕は4枚派です!

って何の話!?
【2008/11/12 09:42】 URL | katsu501223 #- [ 編集]

katsu501223さんへ
こんばんわ~☆

兄さんは4枚派ですか~!?

僕は3枚で十分…(秘)
ここらへんも僕はまだまだ子供なんですね(TUT)

ってホント何の話やね~ん!?
【2008/11/12 20:05】 URL | しょうちん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://shouchin.blog21.fc2.com/tb.php/127-d1c4a01a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
     プロフィール

しょうちん

Author:しょうちん
しょうちんです!ご訪問ありがとうございます!
洋服、車、音楽などが大好きなアラサーの1980年生まれ!
日々迷走の日記です♪
コメ大歓迎、リンクフリーですのでみなさまよろしくお願いします~!

     最近の記事
    最近のコメント
       リンク
    月別アーカイブ
clock

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

都道府県別カウンター


ジオターゲティング

      カテゴリー
提携先
ブログ内検索

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。